Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://shizimamo.blog.fc2.com/tb.php/4-b58f6384
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

asdf212asutrf7ik78さんの質問に答えるお~ 時速250kmのシャトルが見える/佐々木正人

どもー、しじまもハルヒ でーす。超絶美少女14歳です。

こちらの質問に答える形でここに書くお~

はてなの質問「部活時代の過去について悩んでいます。」

<簡潔にまとめた。本文はリンク先から読め>
バレーボール部で高
2年でスタメン発表がされる時に当時160cmも身長が無かった僕に何とリベロというポジションでスタメン起用。泣くほど嬉しかったが
高3年の春、新入生のリベロ経験者とスタメン争いなり、自主練で疲労骨折まで起こして一年生にスタメンを奪われた。
後輩にポジションを取られるというのは屈辱的なもので、たまに部活の事を思い出すと自分が凄く劣ったような気がしてくる事もあります。皆様のご意見、ご体験、様々なアドバイスお聞きしたいです。

そこでこんな返答を書いてみたお。
いくつか例を書きましょう。

A)オリンピック100m陸上の朝原宣治選手は
海外の選手に対して「あれだけ前に出られては追いつく気にもなれない(笑)」と、
絶対に勝てない事を理解している中で、どう続けていくかという精神面について語っています。

B)バスケットボールの田臥勇太選手は173cmでNBAで活躍していました。
「小さな体で大きな選手をすり抜ける抜群のスピード、類い稀なパスセンス、視野の広さとジャンプシュートがプレイの特徴」という事です。

スポーツの世界は勝ち負けがはっきりと出てくる世界です。
全戦全勝という化け物もたまに現れますが、いつかは老いによって負ける日が来ます。
ですから、劣ったような気がしてくるというのは、スポーツをしている以上、どこかで必ず通る道だと思います。

問題は、あなたが続けたいと思うのか、バレーが楽しいのか、そうではないのかという事です。

A)の例は「それでもなんとかやっていく」という例です。
B)の例は「身体的な不利を、超えるためにどう戦略をたてるか」という例です。
私はスポーツの経験はありませんが、夢を追って失敗して「そもそもやりたい事ではなかった」と気付き、今は楽しい事をしています。

私は、そういう視点で悩み、なにか答えが出ることを祈っています。




これの朝原選手の事は56ページから書いてあるお~。
スポーツを「環境とルールに対して身体をいかに適応させていくか」についてのインタビュー集だお~。
ちょーおもしろいお~。
これを読むと、ヒトは進化というのを分析と意思で進める事がうまい動物だという事がわかるお~。
おすすめだお~。
お~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2013年1月30日23:32追記
いいブログのテキストを見つけたのでリンクを貼っておきます。何かの役に立てば。
http://bungoudou.blog.fc2.com/blog-entry-26.html




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://shizimamo.blog.fc2.com/tb.php/4-b58f6384
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

しじまも

名前:しじまも
美少女14歳です!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
28714位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
2752位
アクセスランキングを見る>>
読書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。